タネまでおいしい 開発20年、種が極小のスイカ「ぷちっと」 奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
普通のスイカの種(右)に比べてとても小さい「ぷちっと」の種=萩原農場提供
普通のスイカの種(右)に比べてとても小さい「ぷちっと」の種=萩原農場提供

 種(たね)が極小で、気にせずに食べられる大玉スイカを、スイカとメロン専門の種苗会社「萩原農場」(奈良県田原本町、萩原俊嗣社長)が今夏、開発した。種は通常の8分の1程度の大きさで、口の中でかんでもプチッとつぶれるから名前も「ぷちっと」。20年にわたる研究の成果で、市場に本格的に出回るのは来年になる見通し。

 近年は種なしスイカが出回り、品質も向上したが、栽培面で手間やコストがかかる難点があるという。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文514文字)

あわせて読みたい

注目の特集