生殖器の先端、三つ股に膨張 雄ネズミの独自構造解明 京大チーム

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
谷戸さんが描いた研究のイメージイラスト。雄ネズミの生殖器は骨の先端部分が三つ股構造で、血流により結合部から両側に開く独自の仕組みになっている
谷戸さんが描いた研究のイメージイラスト。雄ネズミの生殖器は骨の先端部分が三つ股構造で、血流により結合部から両側に開く独自の仕組みになっている

 雄ネズミの生殖器は先端が三つに分かれ、血流によって三つ股に開いて膨張する独自構造になっていることを、京都大の研究チームが明らかにした。他の生物では確認されておらず、「繁殖戦略上の役割について新たな知見につながる」と期待している。論文は6月、日本哺乳類学会の国際学術誌で発表された。

 京大理学研究科博士課程2年の谷戸崇さん(比較形態学)と総合博物館の本川雅治教授は、古くから日本に生息するネズミ11種を解剖し、比較した。雄ネズミの生殖器は中心部が骨でできている…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

あわせて読みたい

注目の特集