特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」駆除に懸賞金 埼玉・行田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
樹木を食い荒らすクビアカツヤカミキリの成虫=埼玉県環境科学国際センター提供
樹木を食い荒らすクビアカツヤカミキリの成虫=埼玉県環境科学国際センター提供

 桜や桃などに寄生して中から食い荒らし、枯死させてしまう特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」。埼玉県内では2013年に被害が初めて確認されて以降、年々生息域を拡大しており、被害箇所数は18年度から2年で3倍近くに増えている。危機感を抱いた行田市は7月から“懸賞金”制度を設けて駆除に取り組む。県内では初の試みとなる。【隈元浩彦】

 県環境科学国際センター(加須市)研究推進室によると、クビアカツヤカミキリは中国、モンゴルなどが原産地で、体長25~40ミリのカミキリムシ科の甲虫。全体的に光沢のある黒色で、その名の通り明赤色の首回りが特徴だ。桜、桃、梅などのバラ科の樹木に産卵し、幼虫は樹体を摂食しながら2~3年かけて成長する。1匹のメスは1000個近くの卵を産卵することがある。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1199文字)

あわせて読みたい

注目の特集