連載

宝塚ワールド

タカラヅカの華やかな舞台の様子を紹介します。

連載一覧

宝塚ワールド

宝塚宙組「シャーロック・ホームズ」開幕 トップ娘役に潤花迎え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 宝塚歌劇団宙(そら)組のミュージカル「シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-」とレビュー「Délicieux(デリシュー)!-甘美なる巴里-」が26日、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で開幕した。トップスター就任から3年あまりとなる真風涼帆が、新たに潤花(じゅんはな)をトップ娘役に迎えた大劇場お披露目公演。円熟味を増す真風と、大人びた雰囲気を持つ潤のスタイリッシュな新コンビが誕生した。

 ミュージカルはコナン・ドイルの小説「ホームズ」シリーズの登場人物を基に、生田大和がオリジナルの脚本と演出を手がけた。舞台は19世紀末、英・ロンドン。シャーロック・ホームズ(真風)と、ジェームズ・モリアーティ教授(芹香斗亜)との対決を主軸に、謎めいたオペラ歌手、アイリーン・アドラー(潤)とのロマンスを描く。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文750文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集