特集

第76期本因坊戦

本因坊文裕=井山裕太九段=に芝野虎丸王座が挑戦する第76期本因坊決定戦七番勝負に関する特集ページです。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

囲碁

第76期本因坊戦 第6局 実力発揮できる場を 鳥羽「戸田家」であす、あさって /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
対局室に飾る几帳を整える女将の寺田まりさん=三重県鳥羽市鳥羽1の「戸田家」で021年6月25日、寺原多惠子撮影
対局室に飾る几帳を整える女将の寺田まりさん=三重県鳥羽市鳥羽1の「戸田家」で021年6月25日、寺原多惠子撮影

 <大和証券>

「食事でほっと」 県産品メニュー準備

 本因坊文裕(もんゆう)(32)=井山裕太九段=に芝野虎丸王座(21)が挑戦する第76期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第6局が29、30の両日、鳥羽市鳥羽1の老舗旅館「戸田家」で打たれる。第5局までの対局では、芝野王座の3勝2敗。芝野王座が初の本因坊を獲得するか、文裕の巻き返しとなるか、注目が集まる。寺田順三郎社長(69)は「タイトル戦の場所として指定していただけることはとてもありがたい」と話し、同旅館では「安心して日ごろの実力を発揮できる場を」と準備が進められている。【寺原多恵子】

 「戸田家」は1830年(天保元年)に創業し、190年を超える歴史がある。皇族や著名人が宿泊したことでも有名だが、女将(おかみ)の寺田まりさん(47)は「敷居の高い旅館というよりは実家に帰ったような懐かしい気持ちになってもらえるよう心がけている」と話す。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文846文字)

【第76期本因坊戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集