都議選情勢 自公、過半数の勢い 都民フ、大幅減か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京都議選(7月4日投開票)について、毎日新聞は26日に都内の有権者を対象にインターネット調査を実施し、取材内容を加味し情勢を探った。定数127に対し、自民党は議席を大きく伸ばすとみられ、選挙協力を結ぶ公明党と合わせて過半数(64議席)の獲得をうかがう勢いだ。小池百合子知事が特別顧問の地域政党「都民ファーストの会」は伸び悩み、第1党を維持するのが難しい情勢とみられる。(2面に質問と回答、関連記事)

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文783文字)

あわせて読みたい

ニュース特集