特集

鶏卵汚職

大臣在任中に賄賂として現金を受け取ったとして、吉川貴盛元農相らが在宅起訴されました。背景を探ります。

特集一覧

鶏卵汚職、重ねた「政界工作」 裁判で全貌明らかになるか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アキタフーズグループの秋田善祺元代表=同社ホームページより
アキタフーズグループの秋田善祺元代表=同社ホームページより

 元農相で元衆院議員の吉川貴盛被告(70)=収賄罪で起訴=に現金500万円を渡したなどとして、贈賄罪と政治資金規正法違反に問われた大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」(広島県福山市)グループ元代表の秋田善祺(よしき)被告(87)は28日、東京地裁(向井香津子裁判長)で開かれた初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 秋田被告は一代で会社を養鶏業界トップクラスに築き上げ、業界の代表として政界とのパイプ役も担った。農水族議員に「政界工作」を重ねる中、陳情は一線を越え、検察の捜査対象となっていった。

 汚職事件の端緒は、2019年参院選を巡る大規模買収事件だ。東京地検特捜部などは、元法相の河井克行元衆院議員=1審で実刑判決、控訴中=と、妻の案里元参院議員(47)=1審で有罪確定=を公職選挙法違反容疑で逮捕した約2週間後の20年7月4日、…

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1660文字)

【鶏卵汚職】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集