「中国・海警法、各国と懸念共有を」 海洋政策会議が首相に提言

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
沖縄県・尖閣諸島。(手前から)南小島、北小島、魚釣島=2011年10月13日午後0時49分(代表撮影)
沖縄県・尖閣諸島。(手前から)南小島、北小島、魚釣島=2011年10月13日午後0時49分(代表撮影)

 菅義偉首相は29日、首相官邸で総合海洋政策本部参与会議(座長・田中明彦政策研究大学院大学長)がまとめた意見書を受け取った。意見書は、中国海警局の武器使用規定を明文化した海警法への「深刻な懸念」を各国と共有し、中国に国際法を順守するよう強く促すことなどを求めた。首相は「東シナ海、南シナ海の一方的な現状変更や、中国海警法施行などさまざまな懸念がある中、毅然(きぜん…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

ニュース特集