「空飛ぶパスタ」無事着陸 ドローン宅配の実験、都市部で全国初

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドローンが到着すると藤本社長(右)が米粉パスタを受け取り、中原市長に手渡した=新潟市中央区で2021年6月12日、内田帆ノ佳撮影
ドローンが到着すると藤本社長(右)が米粉パスタを受け取り、中原市長に手渡した=新潟市中央区で2021年6月12日、内田帆ノ佳撮影

 小型無人機「ドローン」による物流の実現に向けた産官連携の実証実験が新潟市で行われた。ドローンの飛行経路設計などを手掛ける同市のベンチャー企業「TOMPLA(トンプラ)」と同市などが実施。人や車の行き交う市街地で「空飛ぶ宅配サービス」を無事成功させた。同市によると、都市部でのこうした実証実験は全国初という。【内田帆ノ佳】

 実証実験は12日に新潟市中央区で行われた。中原八一市長がデモ用のアプリを操作して県産の米粉パスタを注文すると、ドローンは箱を抱えてJR新潟駅南口の複合ビル「プラーカ1」(12階建て)屋上を離陸して地上から約100メートルの上空へ。GPS(全地球測位システム)で位置を確認しながらプログラミングによる自律飛行で弁天線を横断し、30秒ほどで約200メートル離れた「プラーカ3」(7階建て)の屋上に到着し…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1037文字)

あわせて読みたい

ニュース特集