旭川医大、学長解任理由34件 パワハラ、問題行為など 選考会議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
旭川医大病院=北海道旭川市で2020年7月10日午後4時2分、貝塚太一撮影
旭川医大病院=北海道旭川市で2020年7月10日午後4時2分、貝塚太一撮影

 旭川医科大の学長選考会議は28日、北海道旭川市のホテルで記者会見し、文部科学相に解任を申し出た吉田晃敏学長が大学側に計約700万円を不正支出させていたことなど計34件の解任理由を説明した。西川祐司議長(同大副学長)は「学長に異議を唱えれば解任される。独裁的な物も言えない空気が多くの非違行為を生んだ」と吉田氏を厳しく批判した。

 同会議が認定した吉田氏の学長解任理由は、職員ら5人に対するパワーハラスメント(パワハラ)9件▽勤務実態のない学長特別補佐に対する693万円の支出など不適切経費支出9件▽就業時間中の飲酒など問題行為10件▽大学の信用を害する行為6件。パワハラには、新型コロナウイルス患者受け入れに反対した当時の院長に辞任を迫った発言も含まれる。就業時間中に学内で複数回飲酒したり、学内の式典に遅刻したりしたことも「問…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文514文字)

あわせて読みたい

注目の特集