今夏の阿波踊りは屋外の演舞場なし 徳島県民限定、屋内のみの開催

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
屋内施設での阿波踊り開催方針が打ち出された関係団体の会議であいさつする内藤佐和子・徳島市長(右端)=徳島市役所で2021年6月29日午後3時20分、三野雅弘撮影
屋内施設での阿波踊り開催方針が打ち出された関係団体の会議であいさつする内藤佐和子・徳島市長(右端)=徳島市役所で2021年6月29日午後3時20分、三野雅弘撮影

 徳島市が主催して開催する今夏の阿波踊りについて、市は29日、屋外の桟敷席のある演舞場を設置せず、屋内施設「あわぎんホール」でのみの開催とする方針を関係団体の集まった会議で明らかにした。踊り手も観客も徳島県内在住者に限る。

 徳島県内では新型コロナウイルスの感染状況は落ち着いているが、全国的に収束していないと判断した。会議では関係団体から「残念…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

あわせて読みたい

注目の特集