児童の交通事故、3分の1は登下校中 警察庁、過去5年間で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
警察庁、国家公安委員会などが入る中央合同庁舎第2号館=東京・霞が関で2019年、本橋和夫撮影
警察庁、国家公安委員会などが入る中央合同庁舎第2号館=東京・霞が関で2019年、本橋和夫撮影

 警察庁によると、歩行中の小学生が被害にあった死亡・重傷事故のうち、約3分の1が登下校中に発生している。棚橋泰文国家公安委員長は29日の閣議後記者会見で「登下校中の時間帯に運転しているドライバーは、子どもたちの安全確保にさらに配慮して運転するようお願いする」と述べた。

 2016年から20年の5年間に交通事故…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文356文字)

あわせて読みたい

ニュース特集