ゴーン被告逃亡 支援の被告「犯罪と知っていればしなかった」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で

 保釈中だった日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(67)=会社法違反などで起訴=のレバノン逃亡を手助けしたとして、犯人隠避罪に問われた米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」元隊員のマイケル・テイラー(60)、息子のピーター・テイラー(28)両被告の被告人質問が29日、東京地裁(楡井(にれい)英夫裁判長)であり、マイケル被告は「犯罪になると知っていたら手助けしなかった」と述べた。

 マイケル被告は、前会長から「独房に監禁され、常に監視されている。精神的な拷問を受けている」と聞かされたと説明。前会長の妻キャロル容疑者(54)=偽証容疑で逮捕状=からも「社内クーデターなので、起訴されるべきではない。保釈中に姿を隠すことは日本では罪にならない」と言われ、国外逃亡を手伝うことにしたと述べた。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文557文字)

あわせて読みたい

注目の特集