特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京・わたし

パラ選手の脳を探れ その驚くべき機能とは 東大教授・中沢公孝さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パラリンピック選手の脳に関する研究について話す中沢公孝教授=東京都目黒区の東大駒場キャンパスで2021年5月28日午後6時17分、真下信幸撮影
パラリンピック選手の脳に関する研究について話す中沢公孝教授=東京都目黒区の東大駒場キャンパスで2021年5月28日午後6時17分、真下信幸撮影

 東大大学院総合文化研究科の中沢公孝教授(59)=リハビリ科学=は近年、パラリンピック選手の脳に関する研究を重ねてきた。今年2月には著書「パラリンピックブレイン」をまとめ、パラアスリートが持つ特有の能力を解き明かそうとしている。【聞き手・真下信幸】

 ――この研究を始めたきっかけは。

 ◆競泳女子の脳性まひクラスで、複数のメダルを獲得しているコートニー・ジョーダン(米国)を特集するテレビ番組の制作に携わったことです。彼女の脳をMRI(磁気共鳴画像化装置)で調べたところ、かなりの損傷がありました。しかし、水中では損傷が分からないくらいダイナミックに泳いでいます。「どうしてあんなに動けるのか」と、パラ選手の脳に興味を持ち始めました。さらに、ちょうど東京大会の開催が決まっていたこともあり、パラ選手を科学的に解析してほしいという依頼が増え、多くの選手の脳を調べる機会に恵まれました。すると、次々と興味深い結果が出てきたのです。

この記事は有料記事です。

残り1767文字(全文2179文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集