豪雨災害に備え県警が訓練 3署員20人参加、対処能力向上へ /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
浮輪を投げ入れ、要救助者を引き上げる訓練に取り組む警察官=山形県尾花沢市で2021年6月29日、藤村元大撮影
浮輪を投げ入れ、要救助者を引き上げる訓練に取り組む警察官=山形県尾花沢市で2021年6月29日、藤村元大撮影

 県警は、豪雨災害に備えた訓練を29日、徳良湖(尾花沢市二藤袋)で行った。村山、尾花沢、新庄の3署員ら約20人が参加した。

 災害時、主に現場に出動する機動隊や各署第2機動隊が、東京オリンピック・パラリンピックに派遣される予定。その間に、大規模災害が発生した場合の備えとして、普段災害訓練を行っていない…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文299文字)

あわせて読みたい

注目の特集