特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京五輪、靖国、沖縄、福島の「点と線」 国策による犠牲を考える

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京・九段の靖国神社の大鳥居。緊急事態宣言が明けても、訪れる人はまばら=2021年6月29日、吉井理記撮影
東京・九段の靖国神社の大鳥居。緊急事態宣言が明けても、訪れる人はまばら=2021年6月29日、吉井理記撮影

 一億総特攻、なんて戦中のフレーズすら思い浮かぶ。東京オリンピック開催に突っ走る菅義偉政権下のニッポンである。語られざる論点が気になっていた。私たちの生命や暮らしを危険にさらして開かれる五輪で、残るものは何なのだろう。「犠牲」をキーワードに、哲学者で東大名誉教授の高橋哲哉さんと考えた。【吉井理記/デジタル報道センター】

ある日の靖国神社

 きっかけは運転手のおじさんの一言だった。

 緊急事態宣言が明ける数日前、6月中旬。仕事が長引いて、子どもの保育園の迎えに間に合いそうもなく、やむなく東京都千代田区一ツ橋の会社からタクシーに飛び乗った時のことである。

 「五輪をやって、だれか死んでも、だれもああして祭ってくれませんしねえ……」

 車が東京・九段にさしかかったあたりで、運転手さんが「ああして……」とあごを振った先が、薄暮に浮かぶ靖国神社の大鳥居だった。

 靖国神社は明治維新期の内乱や対外戦争などで、天皇の側で戦い命を落とした軍関係者らを「祭神」とする。戦争と五輪は違う。だが国策がもたらす国家イベントなのは同じである。五輪による感染拡大で亡くなる人がいれば、それはただの感染症死ではなく、国策による犠牲者ということになりはしないか。

 祭神は、その是非はともかく「国の為に戦い尊い命を犠牲にされたご英霊」(4月21日、靖国神社に参拝した安倍晋三前首相のツイッター)などと顕彰される。では「コロナ五輪」の犠牲者はどうか。例えば菅首相は、無念の死を遂げた人に「五輪開催のために尊い命を犠牲にされて……」などと言えるのか。犠牲はだれが引き受けるのか。犠牲の上の五輪で、私たちは何を手にするのか。

 こうしたことへの答えは何ひとつ示されていない。タクシーの運転手さんの一言を聞いて、改めてそのことにがくぜんとしたのだ。

 そこで問うたのが国家・社会による犠牲について思索を続けてきた高橋さん。このご時世である。自宅からオンライン取材で久しぶりに声を聞く。

犠牲がなくても残るもの

 「私たちは何を手にするか、ですか。政権にとっての答えは明白です。…

この記事は有料記事です。

残り2940文字(全文3803文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集