三菱電機の検査不正 架空データ算出プログラムを作成

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
三菱電機本社が入るビルの前にある看板=東京都千代田区で2021年6月30日、大西岳彦撮影
三菱電機本社が入るビルの前にある看板=東京都千代田区で2021年6月30日、大西岳彦撮影

 三菱電機の鉄道車両向け空調機器の検査不正問題で、製造していた長崎製作所(長崎県時津町)で架空の検査データを算出するためのパソコンのプログラムが作成されていた。関係者が30日、明らかにした。プログラムで算出された架空の数値を検査成績書に記入し、検査したように装っていた。このプログラムは遅くとも1985年から使われていたといい、長年にわたり計画的に不正な検査をしていた疑いが浮上した。

 関係者によると、このプログラムは、日付や製品情報などを入力すると、…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文616文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集