特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

集団接種の熱中症対策 バスレンタル、会場変更…自治体試行錯誤

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会場内を涼しく保つため扇風機が至る所に設置されている=名古屋市中村区役所で2021年5月26日午後4時39分、高井瞳撮影
会場内を涼しく保つため扇風機が至る所に設置されている=名古屋市中村区役所で2021年5月26日午後4時39分、高井瞳撮影

 夏本番を控え、各自治体では新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場での熱中症を防ごうと、観光バスを空調機能のある待合スペースとして活用したり、会場を変更したりと試行錯誤している。専門家は「コロナ禍の外出自粛で、暑さ慣れしていない人が多い。特に寝不足など体調不良の人は熱中症になりやすく、接種前は体調を万全にしてほしい」と呼び掛ける。

 岡山県高梁(たかはし)市の集団接種会場、成羽病院では観光バスを待合スペースに活用する暑さ対策を講じている。市によると、予約時刻より早く会場に来る高齢者が多く、1回目の接種があった5月30日には病院前にテントを張り、パイプ椅子を並べて待合スペースにした。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1015文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集