特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

職域・大規模接種 新規中止 政府、急ブレーキ 見通し甘く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する河野太郎行政改革担当相=東京都千代田区で2021年6月30日午後7時23分、小出洋平撮影
記者会見する河野太郎行政改革担当相=東京都千代田区で2021年6月30日午後7時23分、小出洋平撮影

 政府は、自治体や企業などでようやく加速した新型コロナウイルスワクチンの「接種ペース」に自らブレーキをかけた。接種を促しながら、肝心のワクチン供給が追いつかない見通しの甘さを露呈した格好で、自治体や企業は不満を募らせている。

発破かけるもワクチン供給で誤算

 「円滑な接種が続けられるよう、今後のワクチン配分の見通しを速やかに示す」。菅義偉首相は30日の新型コロナウイルスワクチン接種などに関する関係閣僚会議で、職域接種の新規受け付け中止を表明するとともにそう強調した。

 首相はこれまで、「7月末までの高齢者接種完了」「10~11月に希望する国民全員への接種完了」などの目標を次々と打ち出し、接種ペースを上げようと発破をかけてきた。29日時点の接種回数は計約4300万回に達し、現状の「1日100万回」ペースを続ければ、11月末までに12歳以上の希望者全員に接種できる計算となっている。

 誤算は…

この記事は有料記事です。

残り2147文字(全文2542文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集