「電話リレーサービス」運用開始 オンラインで手話・文字通訳介し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
電話リレーサービス開始セレモニーで披露された初通話。聴覚障害のある女性(右)の手話をオンラインでオペレーター(中央)が通訳し、武田良太総務相(左)に音声で伝えた=東京都千代田区で2021年7月1日午前10時31分、谷本仁美撮影
電話リレーサービス開始セレモニーで披露された初通話。聴覚障害のある女性(右)の手話をオンラインでオペレーター(中央)が通訳し、武田良太総務相(左)に音声で伝えた=東京都千代田区で2021年7月1日午前10時31分、谷本仁美撮影

 耳の聞こえない人や発話が難しい人が、オンラインで手話通訳や文字通訳を介して、聞こえる人と電話でやりとりができる「電話リレーサービス」の運用が1日、始まった。24時間365日、双方向でのやりとりが可能となり、警察や消防などへの緊急通報にも対応する。

 電話リレーサービスはこれまで、民間のモデル事業として実施されてきたが、…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

注目の特集