無病息災願い 夏越の大祓 護国神社 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
無病息災を祈り、茅の輪をくぐる神職や参拝者=仙台市で2021年6月30日、神内亜実撮影
無病息災を祈り、茅の輪をくぐる神職や参拝者=仙台市で2021年6月30日、神内亜実撮影

 仙台市青葉区の宮城県護国神社で30日、「茅(ち)の輪」をくぐって半年間についた心身のけがれを払い、残る半年間の無病息災を祈る「夏越(なごし)の大祓(はらい)」があった。

 大祓は、古代から宮中などで6月と12月に年2回行われる神事。この日は本殿の前で、参拝者らが人の形に切られた紙に半年間のけがれや罪…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

あわせて読みたい

注目の特集