特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

社会人野球日本選手権

東邦ガス初戦飾る 主砲若林、好守で貢献 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東邦ガス-北海道ガス】四回表東邦ガス1死一、三塁、先制点につなげた柴田(左)を出迎えるベンチ=ほっともっとフィールド神戸で2021年6月30日、山田尚弘撮影
【東邦ガス-北海道ガス】四回表東邦ガス1死一、三塁、先制点につなげた柴田(左)を出迎えるベンチ=ほっともっとフィールド神戸で2021年6月30日、山田尚弘撮影

 第46回日本選手権大会は30日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で1回戦を行い、県勢は第1試合で東邦ガスが2―1で北海道ガス(北海道)に競り勝った。第3試合では王子が日本通運(関東・埼玉)と対戦し、1―2でサヨナラ負けを喫した。東邦ガスは、7月9日第2試合の2回戦で日本製鉄広畑(近畿・兵庫)とぶつかる。

 主砲だからといって、チームに貢献できるのは打撃だけではない。東邦ガスの4番・若林俊充一塁手(28)が0―0の二回2死満塁のピンチに、内野席に飛び込みながらファウルフライを好捕するガッツあふれるプレーでチームをもり立てた。

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1275文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集