オスプレイ

佐賀配備計画 反対意見が相次ぐ 国の地権者説明会始まる 初日は早津江、広江支所 /佐賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 陸上自衛隊オスプレイ佐賀空港(佐賀市)配備計画を巡り、防衛省が県有明海漁協4支所を対象に30日からスタートさせた地権者説明会。初日は早津江、広江の2支所で計87人が参加したが両支所所有の土地買収額が示されることはなかった。広江支所の説明会ではノリ漁への影響などを懸念し反対意見が相次いだ。

 説明会は非公開。出席者によると、同省は土地買収については「不動産鑑定士による評価を行った上で金額が決まる」と説明。防衛省が南川副支所の一部組合員らに内示していた土地買収額「1平方メートル当たり4350円が上限」は同日、伊藤哲也・九州防衛局長…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文667文字)

あわせて読みたい

注目の特集