日産、英生産拠点に電池工場新設へ 「脱ガソリン」にらみEV強化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日産自動車=村田由紀子撮影
日産自動車=村田由紀子撮影

 日産自動車は1日、電気自動車(EV)向けの電池工場を英中部サンダーランドに新設すると発表した。関連施設も含めて10億ポンド(約1550億円)を投じる。温室効果ガスを削減するため、英政府はガソリンや軽油を燃料とする新車を販売できる期限を区切っており、メーカーはEV生産の拡充を迫られている。日産はEVの基幹部品である電池生産を強化し、競争力を高める考えだ。

 英国最大の自動車生産拠点である日産のサンダーランド工場の隣に建てる。新工場は中国系電池メーカーのエンビジョンAESCグループ(神奈川県座間市)などと組み、数年以内に稼働を始める。この自動車工場で生産するEV「リーフ」向け電池は隣接するエンビジョンの工場で生産しているが、生産体制の強化が必要だと判断した。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文654文字)

あわせて読みたい

注目の特集