習氏「外部の圧迫許さず」鋼鉄の長城にたとえ 中国共産党100年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中国共産党は1日、北京の天安門広場で創建100年を記念する祝賀大会を開催した。習近平党総書記(国家主席)が演説で「いかなる外部勢力によるいじめや圧迫も許さない」と強調し、人権問題などで対中圧力を強める米国などに徹底して対抗する姿勢を示した。また台湾統一について「党の揺るぎない歴史的任務だ」と強い決意を示した。

 習氏は、党が中国を貧しい発展途上国から世界第2位の経済大国へと発展させたと歴史を回顧した上で、今後の道のりも「党による全面的な指導を堅持すべきだ」と述べた。特に習氏の党の「核心」としての地位と、党中央の権威を守ることを示す「二つの擁護」を成し遂げるべきだと強調した。習氏は来年秋に予定される第20回党大会で異例の総書記3期目入りを見据えているとされる。演説の中でも随所に自らの功績をちりばめると同時…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1081文字)

あわせて読みたい

注目の特集