東筑軒「かしわめし」 立ち売り100年の味 北九州・JR折尾駅

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
もてなしの心で駅弁の立ち売りを続ける小南さん=北九州市八幡西区のJR折尾駅で、上入来尚撮影
もてなしの心で駅弁の立ち売りを続ける小南さん=北九州市八幡西区のJR折尾駅で、上入来尚撮影

 「おべんと~、弁当は、いかがでしょうか~」。独特の抑揚をつけた声がホームに響く。JR鹿児島線・折尾駅(北九州市八幡西区)名物、弁当の立ち売りだ。かつては全国の駅で見られた光景だが、今では週末や観光シーズンに限定して販売する駅を入れても数えるほどになった。

 声の主は今年、創業100年を迎えた弁当販売「東筑軒」(同区堀川町)の小南英之さん(61)。定休の水曜を除いて毎日、看板メニュー「かしわめし」など3種類の弁当が入った木箱を首から提げて通勤・通学客らが行き交う在来線ホームに立つ。車掌がかぶるような紺色の制帽がトレードマークだ。

 創業以来続く立ち売りは2011年に当時の担当者の体調不良で一時休止したが、13年2月に小南さんが後を継いだ。売れるのは1日20個ほど。しかし、東筑軒が立ち売りを続ける最大の理由は売り上げではなく「古き良き時代の情景を残したい」(佐竹真人社長)という願いだ。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文818文字)

あわせて読みたい

注目の特集