妻の不倫相手探り 車不正照会の警部を注意処分 兵庫県警

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
兵庫県警本部
兵庫県警本部

 妻の不倫相手を探ろうと、車のナンバーから不正に所有者を照会したとして、兵庫県警が40代の男性警部を警務部長注意処分としていたことが県警への取材で判明した。処分は5月6日付。

 県警によると、警部は淡路地域にある警察署の交通部門の課長で、妻も県警の警察官。2020年10月、警部は動向に不審を感じていた…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

あわせて読みたい

注目の特集