特集

ヤングケアラー

通学や仕事をしながら家族の介護をする子ども「ヤングケアラー」。将来が左右される深刻なケースも。

特集一覧

ヤングケアラー 今がんばっている君へ

若年性認知症の父を支えた26歳 仲間に出会って和らいだ孤独感

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2012年に大橋尚也さん(右)が父親と高尾山(東京都八王子市)に登った時に一緒に撮った写真。大橋さんにとって大事な1枚だ=大橋さん提供
2012年に大橋尚也さん(右)が父親と高尾山(東京都八王子市)に登った時に一緒に撮った写真。大橋さんにとって大事な1枚だ=大橋さん提供

 50歳の父が若年性認知症と診断されたのは、中学2年のときだった。父が働けなくなったことを打ち明けると、同級生は「ホームレス予備軍」とからかった。進路相談で家庭の事情を伝えても、高校の先生は「勉強できないのを親のせいにするな」と一蹴した。「誰も理解してくれない」。身の上を話すのが怖くなり、孤独を一人で抱え込んだ10代のころ。成人して参加した当事者団体で、自分がヤングケアラーと呼ばれる存在だったこと、ケア負担の重さに共感してくれる仲間がいることを知った。大学生の大橋尚也さん(26)が、いま渦中にいる子どもたちに伝えたいのは「君は一人じゃない」ということだ。【三上健太郎/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り3027文字(全文3325文字)

【ヤングケアラー】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集