特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

東芝七回勝ち越し 脇役2人が立役者 読みと気持ちで投手攻略

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【バイタルネット-東芝】七回裏東芝1死二、三塁、代打・福山が中前適時打を放つ=ほっともっとフィールド神戸で2021年7月1日、猪飼健史撮影
【バイタルネット-東芝】七回裏東芝1死二、三塁、代打・福山が中前適時打を放つ=ほっともっとフィールド神戸で2021年7月1日、猪飼健史撮影

 第46回社会人野球日本選手権は第3日の1日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で1回戦が行われ、第1試合は5大会連続29回出場の東芝(神奈川)が、6大会ぶり7回出場のバイタルネット(新潟)を降し、2大会ぶりに初戦を突破した。

 東芝が3度目の好機を確実に生かした。立役者になったのは、2人の脇役だ。

 1点を追う七回1死二、三塁で代打に送られたのは、…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文610文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集