路線価 「さくらんぼ駅前」上昇 3税務署管内が下落 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 仙台国税局は1日、相続税などの算定基準となる県内の路線価(1月1日時点)を公表した。県内8税務署管内の最高路線価は村山税務署が上昇、山形、米沢、鶴岡、新庄の4税務署は横ばい、酒田、寒河江、長井の3税務署が下落した。

 県内最高地点は、山形市香澄町1の「山形駅前大通り」(1平方メートル当たり17万円)で、1975年から47年連続トップとなった。2020年に続き、唯一上昇したのが、村山税務署管内の東根市さくらんぼ駅前2の「さくらんぼ東根駅前通り」(同5万円)。

 月田真吾・不動産鑑定士によると、山形駅前大通りは、テナントや近隣マンションの需要活況を背景に高水準を維持。さくらんぼ東根駅前通りは、18年の「スーパーホテル山形」オープンや、県内唯一の中高一貫校「東桜学館」(16年開校)など、子育て支援の充実などから昨年まで人口が増え続け、住宅地価格や出店ニーズが上昇していることが要因という。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文951文字)

あわせて読みたい

注目の特集