特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

社会人野球日本選手権

ホンダ逃げ切る 2大大会連覇へ好発進 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【パナソニック-ホンダ】六回裏ホンダ無死、北岡が中前打を放つ=ほっともっとフィールド神戸で2021年7月1日、山田尚弘撮影
【パナソニック-ホンダ】六回裏ホンダ無死、北岡が中前打を放つ=ほっともっとフィールド神戸で2021年7月1日、山田尚弘撮影

 第46回社会人野球日本選手権大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)は大会第3日の1日、4大会連続23回目の出場となる県勢のホンダが、ほっともっとフィールド神戸で26大会連続41回目出場のパナソニック(大阪)と対戦。3―1で勝利し、2回戦進出を決めた。ホンダは10日午後1時から京セラドーム大阪で、日本生命(大阪)と全足利クラブ(栃木)の勝者と戦う。

 初戦を任されたのは桐蔭横浜大卒の新人左腕・片山。関東代表決定戦でも2試合で先発し勝利に貢献するなど、1年目ながら重要な場面を任されてきた。この日は八回に本塁打を許したが、要所を締め、奪三振12、130球で9回を完投した。

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文462文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集