特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦 渡辺名人、充実の初防衛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
渡辺明名人=兵藤公治撮影
渡辺明名人=兵藤公治撮影

ゆるぎない強さ

 渡辺明名人(37)に名人戦初挑戦の斎藤慎太郎八段(28)が挑んだ第79期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)は、渡辺が4勝1敗で制して初防衛を飾った。

 渡辺が豊島将之名人(当時)に挑戦した前期は、新型コロナウイルス感染拡大のため開幕が例年より2カ月遅い6月になり、渡辺の4勝2敗で決着したのは8月だった。一方、今期は通常の日程での進行になった。王将・棋王とともに現在の将棋界で最多の3冠を保持する渡辺は、初戦こそ敗れたものの第2局以降は充実した内容で4連勝。A級順位戦1期目で8勝1敗の好成績を上げて挑戦者となった斎藤は及ばなかった。

 ゆるぎない強さを見せた渡辺に、全5局の印象に残った局面を振り返ってもらった。【山村英樹】

この記事は有料記事です。

残り2210文字(全文2545文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集