特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

米軍、アフガン最大拠点から撤収 7月初めにも作業完了か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンのバグラム空軍基地の入り口を警備するアフガン軍の兵士=2021年6月25日、AP
アフガニスタンのバグラム空軍基地の入り口を警備するアフガン軍の兵士=2021年6月25日、AP

 アフガニスタンに駐留する米軍は2日、アフガンでの米軍の最大拠点となってきたバグラム空軍基地から撤収し、アフガン政府側に引き渡した。アフガン治安当局者が明らかにした。バイデン米政権は9月11日を米軍の完全撤収の期限としているが、撤収作業は大幅に前倒しする形で進んでおり、複数の米メディアは7月初めにも作業が完了する可能性を報じている。

 バグラム空軍基地は首都カブールの北約60キロにあり、2001年以降は米軍による旧支配勢力タリバンなどに対する空爆や、物資輸送の拠点となってきた。タリバンの報道担当者は2日、「アフガン人は戦争の主要因が終わりに近づいていることを喜んでいる」と、基地からの撤収を歓迎するコメントを出した。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文806文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集