特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

ゴーン被告逃亡 支援の親子に求刑「真相解明妨げ責任重大」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で

 保釈中だった日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(67)=会社法違反などで起訴=のレバノン逃亡を手助けしたとして、東京地検は2日、東京地裁(楡井=にれい=英夫裁判長)の公判で、犯人隠避罪に問われた米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」元隊員のマイケル・テイラー被告(60)に懲役2年10月、息子のピーター・テイラー被告(28)に同2年6月を求刑した。

 検察側は論告で「海外逃亡により前会長の裁判が開けなくなり、真相解明が妨げられた。刑事責任は非常に重大」と指摘。弁護側は最終弁論で、両被告が起訴内容を認めて謝罪したことなどを挙げ、執行猶予付きの判決を求めて結審した。判決は19日。

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文715文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集