世界初のパラゲーム配信 あのヒット作も手がけた開発者の思い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
陸上競技でトラックを走るプレーヤーの分身たち=JP GAMES提供
陸上競技でトラックを走るプレーヤーの分身たち=JP GAMES提供

 ゲーム開発会社「JP GAMES」(東京都)が、世界で初めてパラスポーツを題材としたスマートフォン向けゲームの配信を始めた。国際パラリンピック委員会(IPC)の公式ゲーム。プレーヤーの分身が「ギア」と呼ばれる車椅子や義手、義足を装着し、さまざまな競技でオンラインを通じ世界中の人たちと交流・対戦できる。なぜ今、パラスポーツのゲームなのか。かつて超人気ゲームソフトの開発にも携わったクリエーターに聞いた。【遠藤大志/東京社会部】

 ゲーム名は「The Pegasus Dream Tour(ペガサスドリームツアー)」。6月24日に配信が始まった。プレーヤーはそれぞれ自分の顔写真を基に分身「Mine(マイン)」を作り、仮想都市「ペガサスシティ」で、陸上競技▽ボッチャ▽車いすバスケットボール▽車いすレース▽ブラインドサッカー――の5競技を体験できる。

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1371文字)

あわせて読みたい

注目の特集