連載

週刊テレビ評

報道やドラマ、バラエティーまで5人の識者がテレビを読み解きます。

連載一覧

週刊テレビ評

時代劇で活躍 歌舞伎新世代 演技や所作、キャリアが裏打ち=ペリー荻野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 お笑い界では、「第7世代」という言葉がすっかり定着した感じだが、最近、歌舞伎界でも新世代俳優のテレビでの活躍が目立つ。

 ひとりは1992年生まれの尾上右近。大河ドラマ「青天を衝(つ)け」では、孝明天皇を演じている。幕末の動乱の中で、公武合体政策のため悩んだ末、妹の和宮を将軍・徳川家茂(磯村勇斗)に嫁がせた帝(みかど)だが、家茂は長州征伐の途中、急死。先日の回では、家茂の跡を継いだ慶喜(草彅剛)に「必ず長州を討て」と命じたものの、幕府軍は敗退してしまった。帝にとっては、つらいことばかり。だが、ぺらぺらと愚痴を言うわけにもいかない。昨年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」では、ドラマ初出演の坂東玉三郎が正親町(おおぎまち)天皇を神々しく演じて注目されたが、右近も限られた言葉と動きで帝の品格と心情を伝える難しさに挑んでいる。

 もう一人は、中村隼人(93年生まれ)。BS時代劇「大富豪同心2」では、前作に続いて江戸一番の大富豪・両替屋三国屋徳右衛門(竜雷太)の孫、八巻卯之吉役だ。超のんきな卯之吉は、昼は町奉行所の同心、夜はキラキラ着物の若旦那に戻ってお座敷遊びという二重生活をする。暗闇が怖いとおどおどする臆病者で、悪人に刀を向けられると立ったまま気絶。その姿が「スキがありすぎる。わざと?」と敵をビビらせるという特技となっ…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文1073文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集