特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京五輪 海外選手団、続々九州入り 交流お預けが「おもてなし」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福岡県みやま市での事前合宿に参加するため、福岡空港に到着したグアムとミクロネシアの選手団=福岡市博多区で2021年7月2日午前11時46分、矢頭智剛撮影
福岡県みやま市での事前合宿に参加するため、福岡空港に到着したグアムとミクロネシアの選手団=福岡市博多区で2021年7月2日午前11時46分、矢頭智剛撮影

 東京オリンピックに出場する海外選手団の事前キャンプ地入りが2日、九州でも始まった。第1陣のグアム、ミクロネシア選手団は福岡県みやま市、米国など4国のボクシング選手団は宮崎市に入った。期間中、予定されていた市民との交流行事は新型コロナウイルスの感染対策で中止に。自治体側も選手団に関わる職員が定期的にPCR検査を受けるなど、五輪に送り出すまで厳戒態勢で臨む。

 福岡空港には午前11時半過ぎ、羽田発の定期便でグアムとミクロネシアの選手団6人が到着。選手らは一般の乗客が全て降りるまで機内で待機し、旗を振りながら最後に到着ロビーに姿を現した。居合わせた空港利用客らは拍手で迎えた。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文565文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集