特集

熱海土石流

2021年7月2~3日、東海や関東甲信越地方で激しい雨が降りました。静岡県熱海市では土石流が発生、捜索が続いています。

特集一覧

災害時の救助要請「まず電話で」 ツイッター社が呼びかけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ツイッターで救助要請をする場合のツイート例=Twitterライフラインのツイッターより 拡大
ツイッターで救助要請をする場合のツイート例=Twitterライフラインのツイッターより

 <Twitterで緊急救助を求める場合には、#救助のハッシュタグを>

 静岡県熱海市伊豆山付近で3日午前に土石流が発生したことを受け、災害時のツイッターの活用方法などを発信している同社の公式アカウント、Twitterライフライン(@TwitterLifeline)の呼びかけ(https://twitter.com/TwitterLifeline/status/1016519147738419201)が拡散されている。呼びかけは次のような内容だ。

 <Twitterで緊急救助を求める場合には、#救助 ハッシュタグとともに要請内容、写真、住所または位置情報など、具体的かつ正確な情報をつけましょう。救助が完了したら、報告ツイートするとともに、救助要請ツイートを削除してください>

災害時のツイートについて注意喚起する公式アカウント。身の安全を確保してツイートすること、情報拡散は元ツイートをリツイートすることなどを呼びかけている=Twitterライフラインのツイッターより 拡大
災害時のツイートについて注意喚起する公式アカウント。身の安全を確保してツイートすること、情報拡散は元ツイートをリツイートすることなどを呼びかけている=Twitterライフラインのツイッターより

 具体的なツイート例も画像で紹介されている。このアカウントの過去の投稿では、災害時のツイートの注意点として、身の安全を確保する▽救助要請はまず電話で。ツイートで救助要請する場合は他に手段がないときに▽余裕があれば#場所を付けると親切▽情報拡散は元ツイートをリツイート/引用ツイート――を挙げている。

 またSNSで情報が入り乱れて混乱したりしないよう注意が必要だ。救助要請をする場合はハッシュタグを付けた上で、正確な位置情報を付ける必要がある。ツイートを見かけた人も、元の動画をスクリーンショットなどで拡散するのでなく、リツイートや引用ツイートをすると元の情報が確認しやすくなる。【菅野蘭/デジタル報道センター】

【熱海土石流】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集