月間MVP大谷、6月後半に11本塁打 打撃だけでも申し分なし

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
オンラインで記者会見するエンゼルスの大谷翔平=アナハイムで2日、共同
オンラインで記者会見するエンゼルスの大谷翔平=アナハイムで2日、共同

 米大リーグ機構は2日、6月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、ア・リーグ野手部門でエンゼルスの大谷翔平(26)がメジャー4年目で初選出を果たした。

   ◇

 大谷は6月、特に後半の打棒が目覚ましかった。13本塁打のうち11本は15日以降に量産。3試合連続本塁打と1試合2本塁打がともに2度あった。「6月の上旬はそこまでホームランも出ていなかったし、いい状態ではないという感じだったが、徐々に上がっていっ…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集