特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

力強い投球、五輪米国代表のソフトバンク・マルティネスが6勝目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
九回途中1失点で6勝目を挙げたソフトバンクのマルティネス=沖縄セルラー
九回途中1失点で6勝目を挙げたソフトバンクのマルティネス=沖縄セルラー

 ○ソ7―1日●

 力強い投球は、日本にとって脅威になりそうだ。東京オリンピックの米国代表に選ばれたソフトバンクのマルティネスは「攻めの姿勢で」と決め球のチェンジアップの比率を下げ、速球とカットボールを主体に力で押し八回まで無失点。九回、先頭の日本ハム・高浜に本塁打を浴びて降板し、来日初完封は逃したが「いいテンポでの勝利。チームとして歯車がかみ合った」と喜んだ。

 四回は先頭から連打を許したが、高浜を速球で空振り三振。続く日本代表の近藤は、外角への150キロで二ゴロ併殺打に打ち取った。今季最長の8回3分の0を投げ、6月5日以来の6勝目を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文475文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集