特集

ヘイトスピーチ

特定の民族や人種など人の尊厳を傷つけるヘイトスピーチは、どんな形であっても許されません。なくすためにはどうする?

特集一覧

川崎市ヘイトスピーチ条例1年 差別根絶へ、残る課題 違反しない形で拡散 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ヘイトスピーチは変わらず行われている」と話す裵安さん=横浜市中区で2021年6月18日、洪玟香撮影
「ヘイトスピーチは変わらず行われている」と話す裵安さん=横浜市中区で2021年6月18日、洪玟香撮影

 外国出身者やその子孫に対するヘイトスピーチに刑事罰を科す全国初の「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」が全面施行されてから、1年が過ぎた。「直接的な差別表現が減った」という評価の声がある一方、条例に抵触しない文言の街頭宣伝やインターネット上の書き込みはなくならない。条例の効果と課題が明確になりつつある。【洪玟香】

 2020年7月1日に施行された条例は道路や公園などの公共の場で拡声器を使うなどして日本以外の特定の国や地域の出身者への差別的な言動を禁じている。市は違反者に勧告、繰り返した場合に命令を出し、従わなければ氏名を公表して刑事告発することができる。

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1574文字)

【ヘイトスピーチ】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集