「8」の字描くように 三つの茅の輪 6日まで桜井・大神神社 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
拝殿前に設置された茅の輪をくぐる参拝者ら=桜井市の大神神社で2021年6月27日午後1時10分、廣瀬晃子撮影
拝殿前に設置された茅の輪をくぐる参拝者ら=桜井市の大神神社で2021年6月27日午後1時10分、廣瀬晃子撮影

 桜井市三輪の大神(おおみわ)神社で、拝殿前に三つの茅(ち)の輪が6日まで設置されている。参拝者らは無病息災への願いを込めて「8」の字を描くように輪をくぐっていた。

 三つの茅の輪は横一列に設置、上部には故事などにちなんでそれぞれ杉、松、榊(さかき)の三霊木が掲げられている。中央の一番大きな茅の輪は直…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文258文字)

あわせて読みたい

注目の特集