連載

滝野隆浩の掃苔記

社会部・滝野隆浩専門編集委員のコラム。

連載一覧

滝野隆浩の掃苔記

絵本で伝える認知症

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
完結した藤川幸之助さんの「絵本 こどもに伝える認知症」シリーズ全5巻
完結した藤川幸之助さんの「絵本 こどもに伝える認知症」シリーズ全5巻

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 長崎市在住の藤川幸之助さん(59)の「絵本 こどもに伝える認知症」シリーズ全5巻がこのほど出そろった。認知症の母を介護した切ない実体験を言葉にしてきた詩人はいま、子供に何を伝えたいのだろう。

 昨年3月の「赤ちゃん キューちゃん」から始まり、今年5月の第5弾「じいちゃん、出発進行!」で完結した。若手画家4人と組んだ書き下ろし。孫からみた認知症の祖父母の物語の巻末には、子供にも分かるように、この病気に関する「解説」が載っている。

 高齢者と同居している子供は多くない。見たことのない病気のことが理解できるのか。そう問うと、藤川さんは少し考えて、母の介護をしていた亡父について話し始めた。忘れられない光景があるという。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文923文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集