特集

愛知リコール不正

愛知県知事の解職請求(リコール)を目指した運動。署名偽造に関与した疑いで、活動団体事務局長らが逮捕されました。

特集一覧

「表現の不自由展」名古屋で6日から 同フロアで反対団体も美術展

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
展示される「平和の少女像」=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年7月31日、大西岳彦撮影
展示される「平和の少女像」=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年7月31日、大西岳彦撮影

 愛知県で2年前に開かれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、抗議が殺到し一時中止された企画展「表現の不自由展・その後」の一部作品が6日から、名古屋市の施設で展示される。前回会場前に座り込んで抗議に加わった河村たかし市長だが、今回は施設利用を認める方針を一貫して示す。9日からは同じフロアで、同展に反対する政治団体の関係者らが別の美術展を開く予定で、関係者らは警備を強化して開催を見守っている。

 6日に始まる作品展「私たちの『表現の不自由展・その後』」は市民団体が主催し、中区役所が入るビルの「市民ギャラリー栄」で11日まで開く。2年前に特に抗議の対象となった、従軍慰安婦を象徴する少女像や昭和天皇の肖像を燃やすシーンを含む動画作品など3点を改めて展示する。

 2019年当時、…

この記事は有料記事です。

残り1048文字(全文1391文字)

【愛知リコール不正】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集