特集

熱海土石流

静岡県熱海市伊豆山地区で2021年7月3日、大規模な土石流が発生しました。26人が犠牲、1人が行方不明に。

特集一覧

熱海・土石流 被害は100~300世帯か 行方不明者数も不確定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
災害対策本部会議であいさつする斉藤栄・熱海市長(中央)=静岡県熱海市役所で2021年7月3日午後4時24分、石川宏撮影
災害対策本部会議であいさつする斉藤栄・熱海市長(中央)=静岡県熱海市役所で2021年7月3日午後4時24分、石川宏撮影

 静岡県熱海市伊豆山地区で3日に発生した土石流。黒い土石流が多数の住宅をのみ込んでいった。住宅とともに約20人が流された可能性があり、安否が分からなくなっている。2人が心肺停止の状態。川勝平太知事は陸上自衛隊に救助を要請、県災害対策本部を設置した。

 熱海市によると、土砂災害現場は、安全が確保されないため現場に入れず、長さや幅など土砂災害の規模は不明。市は被害世帯数は100~300と想定したうえで、「行方がわからない」と対策本部や消防に入った通報などから「行方不明者は約20人」としたが、この人数は確…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文628文字)

【熱海土石流】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集