子供の採尿手助け トイレに流せるカップ 刃型メーカーが開発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「楽々 おしっこゾウさん」を紹介する高橋社長(左)ら=山形市で2021年6月28日午後2時54分、藤村元大撮影
「楽々 おしっこゾウさん」を紹介する高橋社長(左)ら=山形市で2021年6月28日午後2時54分、藤村元大撮影

 精密刃型などを手がける「高橋型精」(山形市)は、幼児向けの採尿カップ「楽々 おしっこゾウさん」を5月からインターネット通販サイト「アマゾン」などで発売している。利用者の意見を反映させ、初代製品をより使いやすいよう改良した品。ゾウの顔をモチーフにすることで子供の関心を引き、スムーズに採尿できるよう工夫し、病院嫌いな子供たちの検査を手助けする。【藤村元大】

 SNS(ネット交流サービス)などを通して、子供が生まれてから初めて尿検査をする3歳児検診で「子供が嫌がる」や「おしっこができず、採尿に苦労する」といった意見があった。同社が長年培ってきた、フィルムを刃物で抜き取る「抜き型技術」や、紙などを熱と圧力で固める「立体成形技術」を応用して、ゾウの顔をモチーフにした同商品を開発したという。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文617文字)

あわせて読みたい

注目の特集