特集

熱海土石流

静岡県熱海市伊豆山地区で2021年7月3日、大規模な土石流が発生しました。26人が犠牲、1人が行方不明に。

特集一覧

熱海土石流、崩壊の起点を確認 斜面から地下水流出 静岡県発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
静岡県が確認した崩壊の起点=静岡県熱海市の伊豆山地区で2021年7月4日午前6時26分(静岡県提供)
静岡県が確認した崩壊の起点=静岡県熱海市の伊豆山地区で2021年7月4日午前6時26分(静岡県提供)

 静岡県熱海市伊豆山地区で発生した土石流で、静岡県は4日、土石流の起点を伊豆山地区で確認したと発表した。

 土石流の起点は、逢初(あいぞめ)川の河口から上流約2キロの地点。県職員がドローンによる撮影と現地調査で確認した。崩落した斜面の一部から地下水が流出していた。雨量が増えると、水量が増していたという…

この記事は有料記事です。

残り85文字(全文235文字)

【熱海土石流】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集