特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

「未来志向で」不戦誓う 中国人被爆犠牲者追悼式 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
追悼碑の前で献花し手を合わせる参列者
追悼碑の前で献花し手を合わせる参列者

 第二次世界大戦中に強制連行され長崎原爆の爆心地近くにあった旧長崎刑務所浦上刑務支所で犠牲となった中国人の追悼式が4日、長崎市の平和公園内の追悼碑前であった。参列者らは献花や黙とうをして犠牲者を悼み、不戦の誓いと日中友好へ思いをはせた。

 主催の「追悼碑維持管理委員会」によると、戦時中、県内では高島、端島、崎戸、鹿町の4炭鉱に計1042人が強制連行され、1…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集