宮城県、水道運営権を民間に売却へ 上下水道含めた委託は全国初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮城県議会=仙台市青葉区で、滝沢一誠撮影
宮城県議会=仙台市青葉区で、滝沢一誠撮影

 宮城県議会は5日、上下水道と工業用水の20年間の運営権を民間に売却する「みやぎ型管理運営方式」の関連議案を賛成多数で可決した。上水道を含めた3事業一括の民間委託は全国初で、県は2022年4月の事業開始を予定する。

 県は引き続き施設を所有し、水質管理や経営監視も行うとしている。議会には、水処理大手メタウォーター(…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

注目の特集