特集

熱海土石流

静岡県熱海市伊豆山地区で2021年7月3日、大規模な土石流が発生。災害関連死を含む27人が犠牲、1人が行方不明に。

特集一覧

熱海土石流 不明の実態つかめず 23人救助も減らない「20人」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
土石流で大破した建物の周辺を調べる自衛隊員ら=静岡県熱海市伊豆山で2021年7月5日午後0時14分、小川昌宏撮影
土石流で大破した建物の周辺を調べる自衛隊員ら=静岡県熱海市伊豆山で2021年7月5日午後0時14分、小川昌宏撮影

 静岡県熱海市で起きた土石流災害では、今も所在が不明な人が大勢いる。静岡県は発生3日目の5日、住民基本台帳に基づき所在不明者64人の名簿を公表した。過去の災害では、氏名公表で所在不明者の安否の確認ができ、捜索活動の負担が減った例もある。今回は荒天で救助活動が難航したこともあり、早期の氏名公表は捜索を迅速に進める狙いがある。

静岡県、名簿公表を決定

 静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区で3日午前10時半ごろに発生した大規模な土石流は、瞬く間に地区内の建物をのみ込んだ。県によると、土石流の面積は約12万平方メートルに及ぶ。全長は約1キロ、最大幅は約120メートル。建物の被害は少なくとも約130棟(127世帯215人)に上った。

 市は9指定避難所を開設したほ…

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1138文字)

【熱海土石流】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集